ホーム>INFORMATION>お客様の声

お客様の声

真船様

薪ストーブを入れたきっかけ

私たち夫婦には、若い頃より将来に向けてささやかな夢がありました。
広い庭と暖かな家、年老いても楽しめるよう趣味を持つこと。そんなことを想いつつ、1998年に入り新しく家を建てなおすことになりました。

OWNER'S VOICE11

新築にあたり、まず冬でも暖かく過ごせるよう南向きの陽当たりのよい間取りを考えました。
しかし、ここ西郷村は真冬になると日中でも気温がマイナスになることが多く、
朝の気温がマイナス7℃以下になる日も少なくありません。

夫婦でいろいろ構想を練っていると主人が薪ストーブの設置を提案してきました。
実は以前より薪ストーブに憧れ、いろいろ調べていたようです。

空気がクリーンで臭いもなく、陽だまりのような温かさがとても魅力的なこと、いっきに家造りの構想が決まり、知人を通じてアルパインさんを紹介してもらいました。
アルパインさんを訪ね、薪ストーブの設置についていろいろと説明を受け、薪ストーブも見せてもらいました。
数ある薪ストーブの中で目にとまったのが気品を感じる赤いストーブのアンコールでした。

薪ストーブって楽しい

OWNER'S VOICE12

薪ストーブは暖房機でありながら、
ちょっとした調理にとても便利、常にやかんにお湯があり、
焼き芋や煮物も良く作ります。
里芋の好きな主人は大きな鍋にいも煮を作り、孫に「ジイジイの料理だ!」と言って食べさせています。

OWNER'S VOICE13

また、ドライフラワーや押し花作りに最適、
乾きが早くきれいに仕上がります。
押し花体験のお客さんからもここはいつも暖かく気持ちがよいと好評です。

薪の調達

OWNER'S VOICE14

幸いにも、わが家は里山の自然環境に恵まれた所、畑や山も所有しているので、
薪は何とか調達できています。
薪をしっかりと乾燥させるため手作りで薪小屋も作りました。

OWNER'S VOICE15

家が完成するまでに2年間かかりましたので、
その間に裏山から木を切り出し薪割りをして、火入れの時を待ちました。

心配なこと

薪は調達できていますが、夢中で薪割りをする主人です。肩や腕の痛みに悩まされることが多くなりました。
息子の助けもあり、今のところさほど心配はしていませんが、将来は薪割機の購入を考えています。

メンテナンスは

時々アルパインさんにお願いしますが、ほとんどのメンテナンスや煙突掃除は主人が楽しみながら行っています。

今まで使ってよかったこと

わが家では10月から4月末まで薪ストーブを使います。ほかのストーブならこうはいきません。
部屋が暖かい。このメリットはたくさんあります。洗濯物が早く乾く、乾燥対策が必要な分、夏場に以前ほど部屋の湿気に悩まされることが少なくなりました。
それにガーデニングが好きな私たちにとって嬉しいのは寒さに弱い植物を家の中で冬越しさせたり、花を咲かせて楽しむことができることです。

薪ストーブを考えている方々へ

薪ストーブを購入するにあたり、信頼と実績のある業者さんを選ぶこと。
薪は充分に乾かして使うこと、充分に乾かすためには、戸外に長い時間置くわけですから。薪に虫が入ることがあります。
わが家では主人が50cm×60cmくらいの木箱を手作りし、大きな布をかけています。カメムシが飛び出ることが少なくなりました。
また箱には30本くらいの薪が入りますので、寒い冬、外から薪を運ぶ回数も少なくてすみます。

わが家の暮らし

現在私たちは以前勤めていた職場を早期退職し、第2の人生を歩んでいます。

OWNER'S VOICE16

主人は庭園管理士やガーデニングコーディネーターのほか、
必要とされる資格を身につけ、オープンガーデンを開いています。

OWNER'S VOICE17

花の見ごろは4月から10月くらいまでですが、春は山野草がメインでクマガイソウやえびねらんがたくさん咲きます。
5月から6月頃にはハーブ類やバラなども見ろとなり、8月には池にハスの花が咲きます。

OWNER'S VOICE18

秋にはどうだんつつじやもみじなどが色どりを添え、
口コミで年々見学者の数が多くなっています。

オープンガーデン内に作品の展示スペースがあります。

OWNER'S VOICE19
OWNER'S VOICE110
OWNER'S VOICE111
OWNER'S VOICE112
OWNER'S VOICE113
OWNER'S VOICE114
OWNER'S VOICE115

お出でください、お待ちしています。

庄田様

好きです薪ストーブ

私はコンピューターのソフト会社を退職し、昨年2013年7月に埼玉から羽鳥湖の別荘に移住してきました。

OWNER'S VOICE21

退職する前は夫婦でよくドライブをしていました。
たまたま、ドライブで羽鳥湖高原に寄った時に、星がきれいな別荘地であることを知りました。
管理事務所に寄り、いろいろな物件を見せていただきました。
購入するつもりなど全くなかったのですが、気に入った物件があったので、とりあえず手付け金を入れました。
しかし、どうも気になったんです。次に来たときは購入していました。

そして、ついに2003年に小さい頃からの夢であったログハウスを手に入れました。
別荘を羽鳥湖に決めた理由は趣味の釣りやゴルフが近くでできることと、家内が趣味で作る、つる編み工芸の材料となる、山ぶどうのつるやアケビのつるが近くにあることでした。

薪ストーブとの出会い

OWNER'S VOICE22

別荘を建てたときはブルーヒーターで暖を取っていました。
ある時、別荘に来た時に停電になってしまったんです。困りました。
ブルーヒーターは使えない。水は出ない。
それで、電気に左右されない暖房を考えた結果、薪ストーブになりました。

いろいろなお店に薪ストーブを見に行きました。
結局、信頼できて近くの業者ということでアルパインさんになりました。

F600にした理由

OWNER'S VOICE23

ストーブの配置の関係から右サイドから薪を入れるタイプのストーブにしました。
そして、地理的にも寒い場所ということで一番大きなストーブにしました。
使ってみると充分に暖かい。正しい選択だったと思います。

薪つくり

薪はすべてアルパインさんにお願いして、出来上がった束薪を調達してもらっていましたが、時々管理事務所から別荘地内で倒した木をもらうことがありました。そんな時に薪を自分で作っていました。
玉切りした木に斧を入れた瞬間にスカットと割れたりすると快感を感じます。気持ちいいですね。
そんなわけで来シーズンからは自分で薪づくりに挑戦しようと思っています。
原木をお願いし、自分でチェーンソーを使い玉切りし、斧で割りたいと考えています。
そして、前の会社の仲間が羽鳥湖の自宅まで来て、作ってくれた薪小屋を薪でいっぱいにしようと思っています。

安心なこと

先日、夜の9時頃だったと思いますが、煙突から火の粉のようなものがが出ていたようでした。
ちょうど遊びに来ていた娘が気づき、びっくりして、すぐにアルパインさんに電話しました。
その時、「下の灰受けの扉が開いてないですか?」と言われ、確認してみると灰受けの扉が開いているのに初めて気づきました。
幸い、事なきを得てほっとしたことがありました。
取扱説明の時に教えてもらったことをつい忘れてしまったのですが、日常的に薪ストーブのことなら何でも相談ができる専門店があるということは心強いことです。
また、毎年の定期点検の煙突掃除と本体のメンテナンスもアルパインさんにお願いしています。

妻の趣味のこと

OWNER'S VOICE24

つる編み工芸を始めて20年になります。
中でも籐を使っての立体的な作品は来た人の目を奪います。

玄関にも、部屋にも、作品が家中のあちらこちらに飾っています。
そのほか山ぶどうのカゴ、アケビのバック・小物入れ・宮崎駿作品の「千と千尋の神隠し」の龍や「ホーキに乗った魔女」など、どれをとっても素晴らしい作品です。                          
その腕前は展覧会に出展し、大賞を取るほどのものです。

OWNER'S VOICE25
OWNER'S VOICE26

作品をいくつかお見せします。

OWNER'S VOICE27
OWNER'S VOICE28
OWNER'S VOICE29
OWNER'S VOICE210

これから薪ストーブを入れたいと思っている方へ

薪ストーブはエコでクリーンです。
ぜひ一度薪ストーブを体験してもらいたいと思います。
業者選びはわかりやすく説明してくれて、信頼できる業者の方にお願いすることをお勧めします。

生田目様

OWNER'S VOICE31

JRに35年間勤務され6年前の退職を機に実家のある鮫川村に戻り、
現在は鮫川村で酪農を営んでいる生田目さんに登場していただきました。
親牛から生まれた子牛を280日間肥育する仕事だそうです。

薪ストーブを入れたきっかけ

OWNER'S VOICE32

退職を機に生まれ故郷の鮫川村に戻ることになり、実家の建て替えを考えていました。
ある日、ふと天井の裏を覗いてみると、まだまだ使える立派な梁が何本もあり、
これを使わない手はないと思い古民家を考えました。
35年間JRで一生懸命働き退職した自分へのご褒美とも思っていたし、妻も賛成してくれました。
「中途半端なことはやらないで!やる時は思い切りやってほしい」と妻の力強い声に後押しされ、古民家に改造しました。

OWNER'S VOICE33

ここ鮫川村でも私たちの住んでいるところは冬はマイナス15℃にもなる寒いところです。
そこで古民家にも似合い暖かいストーブということで憧れの薪ストーブに決定しました。

なるべく暖まるものと思いヨツールのF600にしました。
正解でした。とにかく暖かいです。

薪ストーブは楽しい

薪ストーブの暖かさに魅かれ家には始終、私の友達や妻の友達がたくさん集まり、お茶のみをして世間話をしている時が一番の安らぎの時です。
娘二人の家にも薪ストーブを勧めて使わせています。また、靴下が嫌いで家にいるときはいつも裸足です。

妻の趣味

OWNER'S VOICE34

家に一歩足を踏み入れると、そこは別世界のようです。
つるし雛や布で作った人形で六地蔵、パッチワークが所狭しと飾ってあり、
まるで美術館かギャラリーのようです。

OWNER'S VOICE35

3月はひな人形を中心に飾り、4月からは男の節句用に兜・鎧・こいのぼり・吹き流しが飾る予定です。
四季折々に飾るものを考えて製作している。毎年の干支を布の人形で作る。

パッチワークをやるきっかけは、30年ぐらい前ですが、村のパッチワーク教室に2〜3回通ったのがきっかけです。
その後は本などを見て独学でパッチワークを楽しんでいます。

 薪ストーブで暖まった部屋でのパッチワークや布の人形つくりは冬の間のほんとうに楽しみな時間です。

OWNER'S VOICE36
OWNER'S VOICE37

薪は山から伐採してつくっています。

自分で山を持っているので薪の心配はありません。自分で取ってくればいくらでもあります。

OWNER'S VOICE38
OWNER'S VOICE39

これから薪ストーブを入れる方へ

信頼できる業者選びとメンテナンスをきちんとやってくれる業者をお勧めします。