ホーム>INFORMATION>2019年4月

2019年4月

令和元年6月3日(月)から福島県で薪ストーブ購入設置に補助金が交付されます。

福島県では福島県森林環境基金を活用して薪ストーブやペレットストーブを設置する個人や事業者に申請により補助金が交付されます。

 

募集要項

福島県木材協同組合連合会のホームページよりは募集要項をそのまま貼り付けました。

詳しくは  >>>福島県木材協同組合連合会

(1)補助額・台数

    ペレット・薪ストーブ1台に5万円 補助台数 100台

    ※薪ストーブは二次燃焼構造を有するものに限ります。

      ※申請が補助台数を上回った場合、抽選により決定する場合があります。

 

(2)募集期間

         令和元年6月3日(月)から令和2年2月28日まで

           ※期間内でも補助台数に達した日で募集を締め切ります

 

(3)申請資格 以下の全てをみたすこと

  ① 福島県内に住所を有し居住している者、又は福島県内で主に活動する事業者や団体であること

  ② 購入するストーブは、ペレットストーブ又は薪ストーブであること

  ③ 使用場所は福島県内とし、個人の場合はその住居とし、事業者や団体の場合は、主たる活動拠点施設

         (本店、支店、営業所等)とする

  ④ 平成31年4月1日以降に②を購入設置していること

  ⑤ ②の購入に要した経費が、本体価格、付属器機及び設置経費に係る費用を含めて総額が5万円を超えて

          いること

 

1. 提出先:福島県木材協同組合連合会

2. 平成31年4月1日以降であれば、受け付け日以前に購入設置を行っても対象になります。

3. 購入設置が完了し、支払いが完了した後の申請になります。(従来の設置予定の時点で申請を行うものではありません。)

 県補助金交付に併せ、設置相談会を行っています。

場所  アルパイン薪ストーブ

4月20日(土)白河高原薪の会総会が行われました。

201942118219.JPG

第5期白河高原薪の会総会がアルパイン薪ストーブで行われました。

14名の出席会員は佐藤健一議長の進行で、4期決算から5期事業計画や予算、今期役員選出及び今期の課題など多くを真剣に議論する内容となりました。

私たちは森林ボランティアとして2011年の原発事故をきっかけに活動が森の荒廃を修復し、森をブロックごとに分け、皆伐することで少しでも早く回復が促進されるよう次の世代と地域に貢献したいと願い発足しました。

活動の副産物は一年の半分を暖かく快適に過ごせる薪ストーブを楽しむため、その最中にも伐倒や玉切りを欠かさず。そして残りの一年の半分をそのエネルギーを加工し自給するために費やすことに骨惜しみはしない。

森林ボランティアを通し、再生可能なエネルギーを自給することで自身のスキルを磨き、薪ストーブオーナーとしてのスキルアップを図る。一年の半分と残りの半分をひたすら薪ストーブのため、今年も頑張りましょうという結論になり。

昼ご飯を済ました後、誰が先導するという様子もなく午後はまっすぐチェンソーを持って揃って森に消えました。